病気の治療は日本、それともニュージーランドで?

治療室
Pocket

もし何かあったら日本で治療するから大丈夫! という声を伺うことがあります。しかし現実には中々難しいことがあります。なぜ難しいかのポイントをいくつか。

病気になったら治療は日本する?

病気になって日本で治療を受ける場合、ちょっと考えてみたいポイントをいくつか上げてみます。

日本の健康保険に加入する

日本で治療を受けようと思った場合、健康保険に加入することを前提にしていると思います。しかしNZで生活しているのに、帰国してすぐ健康保険に入れるのでしょうか?

日本国籍があることを前提にして、幾つかの地方自治体に電話をして聞いてみました。その話を総合してみると、加入するためには住民票を入れ、一年以上日本に滞在をするということが前提で一時帰国(里帰りなど)の場合は加入資格を満たしていないようです。もちろん加入する為に一年待たなければいけないということではありませんが、すぐNZに帰ることが前提となってしまうとやはりちょっと問題になるようです。

加入後、実際にこの1年の区切りを追跡調査をするかどうかははっきりしません。また1年以内にやめる(里帰りを終えNZに帰る。)場合もあるようです。しかしこれを繰り返すと履歴が残り、以降加入しようとしても一時帰国として扱われ、実際に加入を断られ方もいらっしゃいます。この一年以上日本に滞在という条件に対しての各自治体の対応が異なるので、加入できる人(自治体)、出来ない人(自治体)が出てくる原因のようです。ただ1ついえるのは基本的に一時帰国で健康保険に加入して使うのは基本的にはルール違反ということです。

住民票を残し、健康保険に加入し続ける

もちろん住民票を残し、健康保険に入り続ければこういった問題は発生しないですし海外療養費支給制度もあります。しかし保険料は当然支払い続ける必要があり、決して安い金額ではありません。また住民票を残すことで住民税や国民年金なども関係してきます。

日本に帰ることが出来る状況なのか

病気はじわじわとくる場合が多いと思いませんか? 「調子が悪いなあ・・・」と思って色々k、診察や検査をうけていき、どいうった治療が良いか分かってくるのでは。なのでいつでも自由に、好きな期間、帰国できる方はそうそうはいないのではないでしょうか。特にご家族やお子さんがいらっしゃる場合は注意する必要があります。もしパートナーの方が治療のために数ヶ月日本に帰るとなったことを想像してみてください。(仕事を休む、学校を休むなど大変です。)また帰ってもご自身が住む場所が無い場合もあります。

ニュージランドの医療保険を考えてみる

いかがでしょうか。「日本で治療をする」といってもいろいろとあるかもしれません。もちろんリタイアされて時間や金銭的に余裕があるといった場合は一つの選択肢かもしれません。しかしそういった、ある意味恵まれた環境にない方が大多数なのでは。ニュージーランドで暮らしてる以上、ニュージーランドの医療保険を十分検討されることをお勧めします。