Total Permanent Disability(高度障害)

Disability
Pocket

その名前の通りで病気や怪我で大きな障害をもち一生働けなくなるような状態の時に保険金が下ります。

ニュージーランドの高度障害(Total Permanent Disability)保障

仕事に戻ることができない

基本的にこの保険が使える条件は、病気や怪我で今の仕事に復帰することが難しい(または仕事をすることが出来ない)場合です。あまりうれしい話ではないですが、生活費の一部として使う、場合によってはご自宅の改装費用に使うなど使い道は自由でワールドワイドで保障される商品が多いようです。(日本でも保障を受けられる)

職業が影響します

この保険に特徴的な部分が職業によって条件や掛金が変わってくるというところです。仕事をそのリスクから4つのカテゴリー(+無職・主婦・学生のカテゴリーで合計5つ)に分類しており、そのリスクの高さによって掛金が変わってきます。基本的には直近のご自身の仕事に戻ることが出来ないというのが支払いの条件ですが、一部例外があります。例えばトラックやバスの運転手といった危険度が少し高い職種やプロのピアニスト、コマーシャルパイロットなどちょっと特殊な職種の方なのですが、一部の職種については他の仕事を含め仕事が出来ない事が支払いの条件であったり、残念ですが保険をお引き受けできない職種もあります。

死亡保障との組み合わせ

大抵のニュージーランドの保険はこの保険と死亡保障を組み合わせて設計することができます。また死亡保障などと単体で加入するよりも掛け金を抑えることが出来るのでちょっと確かめてみてください。